blue sky memo

気になるモノを書きとめる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


初めて彫刻刀を使ったマル作の版画
狼が月に向かって吠えているという
なかなか面白い描写

今月は秋祭りがあり、
あっという間に過ぎた感じがある。

マルはお囃子の太鼓の練習に参加し、
喉が痛くなるほど大きな声で歌ってた。
学校から走って帰ってきて宿題をし、
夕食をすませて練習に行き、
帰ってきたらすぐお風呂に入って寝る
という生活が2週間ほど続いた。

秋祭りは1日目は雨で中止になり、
2日目に2日間分の練り歩きとなり、
山の斜面にある我が町内を登り下り繰り返し、
子供も大人もヘトヘトだ。
来年は2日間晴れますように!

マルは今は来月の音楽会に向けて
リコーダーの練習をしている。
苦手なので眉間にしわを寄せている。
私はその顔を見ると笑ってしまいそうになるので
背を向けて聴いている。

頑張ることばかりだが、挫けずに頑張れ。
スポンサーサイト


在来線で人を見送るなんて初めてかも。

マル、10歳を目前にして
初めて一人で電車に乗った。
在来線の快速電車で2駅20分の旅。
出発駅のホームまで私が付いて行き、
到着駅の改札を出た所で相方と合流というプラン。

到着駅は初めて降りる駅で、
東と西に改札口があり、
降りたホームからの階段を間違えると違う改札に出てしまう。
何日も前から緊張しているマルに
駅の構内図を見せながら赤線で歩くルートを説明し、
更に道順を書いたメモも渡した。

そわそわそわそわ落ち着かないまま
出発駅までバスで向かい、
バスでは座席に背もたれる余裕もない。
バスを降りて駅まで歩く間、
私の手をギュッと握って離さない。
ホームに着く頃には手に汗をかいていた。
電車が出発するまで、
何度も切符を入れた場所を確認し、
降りる駅と改札出口を復唱。
でもドアが閉まった瞬間は笑顔だった。
電車を見送りながらマルの成長を感じた。

相方から連絡があるまで駅周辺をうろうろし
お茶を飲んでいたら連絡が入った。
迷うことなく無事に合流出来たようだ。
「お茶持たせてなかったぞ」と
相方から一言。

はい、私のバッグにしっかり入れたままでした…

あの日、
一番落ちついてなかったのはきっと私だ。


後ろ姿に可愛さが消えたなぁ

夏休みを思いっきり満喫中のマル。
帰省するまでは毎週のように自転車レースに出かけていた。
伊豆のベロドロームでのレースには私も一緒に行って
1日目は友人達と会い、2日目はレースの応援に。
マルと相方は2日間レースで、二人で3つの銅メダルを獲得。
他所のレースは賞状とかだったりしてメダルは初めて。
重みがあって嬉しさ倍増するね、メダルは。
二人ともよく頑張った!

帰省は、前半私の実家、後半相方の実家で
毎日楽しそうに過ごしていた。
今回の城巡りは佐賀の肥前名護屋城。
スケールの大きさと景色の良さに感動し、
陣跡に残る有名な武将の名前に興奮し、
大満足のマル。
私は美味しい和菓子と佐賀錦と小城羊羹をゲット。
いいね、佐賀。

今の時点で、自由研究と作文が終わっていない。
ラストスパート頑張ってね、マル!


初めて一人でリフトに乗ったマル。
怖かったようで、久しぶりに背中が小さく見えた。
戻りは余裕でピースしてたけど。

今日で1学期終了。
個人懇談では
一人で留守番出来ないマルと学校に行くと、
先生が三人で話してもいいですよということで
急遽三者面談に。
注意事項が無いということねと安心して座る。
新卒の先生なんだが、とても話しやすいし
マルのこともよく見てるなぁと感じた。

相変わらず授業中に強引に戦国武将の話に脱線させてるようだが、
3年生の時の担任の先生より更に今の先生は歴史好きらしく
脱線を一緒に楽しんでいる様子…
カリキュラム遅れたりしないかしらと心配もちらっと…大丈夫かな。

三者面談をしてみてマルと先生が仲が良いのが伝わってきたのも嬉しかった。
1年間安心してお任せ出来そうだ。

「力強い字を書きますね」と言われた。
そう、何故だかマルは筆圧が強いのだ。
なので「2Bだと字が潰れてしまうのBを使わせているんです」
と話すと更に驚かれた。

体は小さいけど、字はデカくて強いんです。
なかなかいいギャップでしょ?先生


運動会ではヨサコイ踊ってたマル

踊る時の服装は黒Tシャツ指定だったので、
マルはこれをチョイス…『競輪魂』笑
いつも一緒にトレーニングしているメンバーで
作ったそうで、
子供サイズもちゃんとあり…
あ、私は持ってない。着ないし。笑

ヨサコイ、マルはカッコイイと練習からノリノリで
本番もビシッと決めていた。
いつもダンスは恥ずかしそうだったから貴重。
結果、例年以上に写真も多めになり…
あまり撮るつもりなかったからコンパクトカメラにしてたら
モニターが見づらい見づらい…老眼きてるな。
来年からはカメラ変えてファインダー覗きながら撮ろう。

徒競走は、本気出してないのが見え見えで
帰宅後に父ちゃんから言われてたなぁ
来年は、自転車並みに本気出して頑張れ!

何事も本気でやらんと楽しい思い出にはならんのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。