FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる

大学入試の方式が変わるニュース
うちはまだ先の話だと思っていたが、
読んでたらこれはまずいでしょ!な内容で…
おぉどうなるんだい、どうしましょう
というか、マルは大学受験するんだろうか
うん、そこだな、そこ

4月になれは6年生になる
小学校の6年間に比べると
中学の3年間なんてあっという間だろう
高校なんてもっと

先が見えないと不安になる私は
ずっと落ち着かないんだろうな
でもマルの人生、決めるのはマルだ
何度も何度も自分に言い聞かせる


マル、ついにピストに乗る

誕生日プレゼントは今年も自転車
今回はピストという競輪競技に使うタイプ
ブレーキ付いてないしギアチェンジも出来ない
そんな自転車で固定されずに
ローラーの上をスルスルと走り始め
ケイデンス190もすぐに超えた。
そんなに足を回せるならマラソンも…
と思ってはいけない。別腹ならぬ別足なのだ

先日は落車して泣いていた。
私も家の中にいたから
ゴンっと強く壁にぶつかった音は聞こえた
でもすぐに駆けつけず耳をすますのみ
怪我をすればきっと助けを呼ぶはず
ここら辺は相方が乗り始めた頃に私も学習したのだ
怪我でも無ければ落車した姿は見られたくない。
「調子に乗ってバランス取るのを忘れてしまった」
とマルは後で話してくれた。

学校の先生からは集中力を褒められた
去年までは歴史好きが授業を脱線させていたが、
それはなくなったようで
自分なりに歴史好きを色んな場面で
活かすことが出来るようになったらしい。
それをクスクス思い出しながら話す先生
その寛大な心にホント感謝。

こんな感じのマルの一年
今年もお付き合いありがとうございました
来年もよろしければお付き合い下さいませ
みなさん良いお年を


離乳食の頃から使っていた食器
何となく捨てられなくて使っていたけれど
もう10年以上経ってしまった

今日で11歳
まだまだ幼稚な部分が見え隠れ
その瞬間が貴重で愛おしかったりする

夢という言葉を知ってからずっと
同じ夢を追い続けていて
努力したりサボったりしながらも
道を外れない

その真っ直ぐさが
母としては少し心配なのだが
あと数年もすれば
そのまま進める道なのか
自分でも分かる時が来るだろう
それまでは頑張れ諦めるなと
心の中で叫びながら見守ろう

自分の生まれた日というのを意識したのか
今日初めてお産の時のことを
私に聞いてきた
なかなか大変だったけど
母ちゃんも諦めずに頑張りました
だからキミもきっと大丈夫

今夜もムギュッといつもの儀式
お誕生日おめでとう
最近のマル、
プチ反抗期にプラス
ちょっと大人びた言動が

お風呂タイムに男子二人で話したのか
相方が平日の休みの時に
私をドライブに連れて行くと
マルは聞いたらしく、私に向かって
「よかったねぇ~」
と何というかしみじみと言うのだ。
以前なら自分が学校行ってる間に
ドライブなんてずるいと拗ねたのに
興味がなくなっただけかもしれないけど。

かと思えば、鬱陶しいくらい
ベタベタベッタリとくっついてくる時もある。
もう膝の上に乗られても
大きすぎて重すぎて辛いだけなのだが
こんなことしてくれるのもあと少しかなと
今を満喫することにしている。

なんだか飴と鞭を受けている気分だ
毎度ながら春と秋が忙しい
と、まずは更新遅れの言い訳…

9月は太鼓の練習と秋祭りの準備
マルはバタバタと宿題を終わらせて
自転車のトレーニングをし、
慌ただしく夕食を済ませて太鼓の練習へ。
どちらも手を抜けず筋肉痛の日々
よく頑張ったなぁ
祭りの日は屋台に上がる子だけが着る
特別な法被と襷と鉢巻をして
とても真剣に太鼓を打ち鳴らした
カッコイイ姿ちゃんと見てたよー

そんな日々の合間に私は親不知を抜いた。
ある日から痛みもなく頰が腫れ始め
片側だけみるみるパンパンに…
人前に出る時は大きなマスクを着用し
どうにか診療の日まで誤魔化した。
虫歯でもないし菌が入った様子もなく
親不知が刺激したのでしょうということで
二度と腫れないように抜くことにした。
祭りの日にはマスクしたくなかったしね…

秋祭りは今年で最後になってしまった
地域の子供の減少と高年齢化に伴う担ぎ手不足
子供の減少イコール親も減少で役員の負担増
あとお金が集まらない…
そんな色々な思いがあって
今年は例年より沢山のご老人が巡行に声援を送ってくれた。
お祭り、残したいけど、でもね
がずっとぐるぐる
沢山たくさん話し合いをして
子供達には可哀想な結果となってしまった。
来年からは何か代わりのイベントを考えねば
それが6年生母となる自分にずしりと乗っかってきた…
楽しむしかない!子供の笑顔のためだ!
だよ、だよなぁ~