FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる

絶対にキミを放さない。

anu1.jpg

自然に繋がり、自然に変化していく、奇跡。

anu2.jpg

Title:Anu Tuominen
Artist:Anu Tuominen
Size:26 x 21 x 1.2
Page:120 ソフトカバー カラー図版
英語・フィンランド語・スウェーデン語
今日は雨で散歩にも出かけられない。
仕方がないから、押し花の本でも眺めていようかな。
これはロンドンの自然史博物館にある押し花。

04201.jpg

見ていると、やっぱり森に行きたくなる。

Title:flora
Photographs:Nick Knight
Text:Sandra Knapp
Size:244mm x 371mm / 80P / Hardcover
Publisher:Schirmer/Mosel Verlag GmbH Germany
ISBN 3-88814-238-5
Wolfgang Laib

Title: A Retrospective
Artist: Wolfgang Laib
Hardcover: 204 pages
Language: English
Publisher: Hatje Cantz Publishers (November 15, 2000)
ISBN: 3775709452

Wolfgang Laib

ドイツのアーティスト、ヴォルフガング・ライプは、
自然の力を素晴らしさを、形を変えて見せてくれる人。

Wolfgang Laib

lavater2.jpg

title:Sainte Roseline le Miracle des Roses.
artist:Warja Lavater
pub.date:1992



『バラの奇跡』という伝説を、Lavaterならではの世界で表すとこうなる。

Lavater3.jpg

これは、王妃が王に内緒で貧しい人達のために
スカートのたるみにパンを隠して与えようとしているところ。
そして、王に見つかってスカートの中身を聞かれた時
バラの花だと答えてスカートの裾を広げて見せると
隠していたパンがバラの花に変わっていたと言う場面はこれ。

lavater4.jpg

単純な記号と色で、これだけ表現できるなんて。
読み手の想像力を掻き立てる要素がたっぷり含まれた絵本だと思う。
何もせずに過ごした週末。
連日あまりにものんびりとしすぎたせいか
昨日は眠れない夜を迎え、本棚から一冊取り出した。
読み返した本は、『向田邦子の恋文』。
飛行機事故で亡くなった彼女の遺品の中から出てきた
恋人とやりとりした手紙や日記を読みながら
誰も知らなかった姉の恋愛の足跡を辿った妹さんによる回想記。
恋人が病気を苦に自ら死を選ぶまでの数年間、
忙しい仕事の合間をぬっては彼の元へ通い
会えない日には速達や電報を送るという日々を過ごした
彼女の一途さにいつも心を打たれる。
これほどの恋愛をしたならば、生涯を独身で終わらせたとしても
後悔はなかったのではなかろうか。
懸命に生きていた彼女のポートレートは美しく素敵だと思う。
自然と表情に生き様が現れているような気がするのだ。
さて、自分の場合はどうなんだろうか?
ちょっと気になりつつ本を閉じた。

『向田邦子の恋文』
著者:向田和子
単行本:141 p :サイズ(cm):19x13
出版社:新潮社:ISBN:4104554014