FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる

いつも気持ちのいいお便りをくださるGalleryらふとさん。
今回も楽しいことをされるみたいですね。
ワークショップ、興味あるものばかりです。

工房からの風 craft in action
10/15~10/16 10:00~17:00
ニッケコルトンプラザ屋外会場
市川市鬼高1-1-1
tel:047-378-3551
たぶん、ここは行きます。

『UmainanakU』
10/1~10/31
濱中大作による象徴主義的絵画&エッチングと
清水チアキによる写真中心のインスタレーションの展示。

Vakant ヴァカント
北九州市小倉北区室町2-8-5
open 16:00~02:00
休日:木曜日
tel:093-583-5514
文選・植字ライブとか地金彫刻実演とかポストカード印刷実演とか。
こういうの、福岡で見れたらいいのに・・

印刷解体vol.2―失われゆく活版印刷、その「技術」の魅力
9/30~10/17 会期中無休
10:00~21:00 *最終日15:00閉場
入場料  無料
LOGOS GALLERY ロゴスギャラリー
渋谷パルコ パート1 / B1 
tel:03-3496-1287
企画:PARCO ロゴスギャラリー+日月堂
『アートをたずねる月』もあるしなぁ。
具沢山な月になりそう。

○秋の月 展
10/7~9 open 7(10:00~19:00) 8・9(12:00~20:00)
フィードサックやヴィンテージファブリックを使った布小物・雑貨・布箱
■MELIA NOCE(メリアノーチェ)
福岡市中央区平尾2-17-15
tel:092-523-8508

○三谷龍二 箱・筒・器 展
10/8~10/16(11日休み) open 11:00~18:00
気持ちのいい木の器と秋の風
■梅屋
811-1132 福岡市早良区大字石釜870-1
tel:092-872-8590

○岩田圭介 作陶展
10/8~10/17 open 11:00~17:00
福岡ではなかなか見れない奥様の美智子さんの作品も
何点か展示されるそうなので楽しみ。
■ガレリア星鈴音
811-3305 津屋崎町宮司2295-123
tel:0940-52-0999
手が止まらず黙々と縫い続ける日々を過ごしています。
読書の時間はかなり減り、家族との会話の時間も減り。
ショルダーバッグ(小)ひとつ完成。
ショルダーバッグ(大)もまもなく完成。
この二つは7月に佐賀で染めたリネンを使用。
かなり甘いストロベリーピンク色。染めムラあり。
茜で染めたのになあと思いつつ、自分の好みでは
かわいい色はなかなか手にすることがないので
楽しんで縫ってます。
久しぶりに小倉へ。
トンカツ。
草木染展
眺めの良いカフェ。
島根県立美術館写真展~レンズの見た夢~

欲張りすぎたかな。
目もお腹もいっぱい。
風の強い一日。

友人に頼まれていたバッグとサンプルの小物を納品。
そのまま一緒に散歩に出かけることに。
二人で散歩、となるとなぜだろう、海が多い。
今日もやっぱり海。
しばらくお互いの夢物語を話した。

会うといつも思うことだが、一緒にいると心が穏やかになる。
それがとても気持ちいい。
こういう関係でいてくれることに感謝。

散歩の途中で友人が蓮畑を見つけた。
残念ながら花は咲いていなかったけれど、
宝物を見つけたような気分でうれしかった。
来年は花が見れるといいなと思いつつ
潮の匂いを車に乗せて帰った。
普段はチビちゃんが一緒でなかなかゆっくり出かけられない友人と
かなり久しぶりに二人だけでお出かけすることに。
今日は旦那さんがチビちゃんの面倒を見てくれるということ。
協力的でいい旦那さんだ。
チビちゃんが一緒だと行きにくい場所など彼女の希望コースを周る。
自分の服をゆっくり試着しながら選んだり、
器物を手に取ってあれこれ悩んだり、
素敵なアンティークの布を見つけて何に使うか考えたり。
「こういうの久しぶり」と嬉しそうなのを見ているとこちらまで嬉しくなる。
そして行く先々で必ず家族への物を買っているのが何とも微笑ましい。
彼女はとても可愛い奥さんであり、よいママであると思う。
家への土産は、彼女は16区のケーキ。私は五島の和菓子。
若い家庭と年寄りの家庭の違いだね~と笑いながら
手荷物いっぱいになった彼女は満足気に我が家に帰っていった。
みんな手探り。

美術の中のかたち-手で見る造形 展
~11/3
観覧料金:一般/500円
兵庫県立美術館
651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
開館時間:10:00-18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌日の火曜日休館)
tel:078-262-0901
これ、絶対、展示いいだろうなあ。。。

BRAUNのデザイン自体がいいなと思うし。
なかなか手にする機会はないですが。

「ブラウン展 - 形を超えたデザイン」
9/22~10/16
入場無料
アクシスギャラリー
東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル4F
時間:11:00-19:00(最終日は17:00まで)
tel:03-5575-8655
かなり気になる。

水族館劇場

月と篝り火と獣たち NOSTALGIA
作・演出/桃山 邑

11/2~11/6
北九州市小倉駅北口広場 特設野外劇場「海の砦」
(小倉駅北口動く歩道直進。西日本総合展示場前)
夜7時スタート。上演時間150分。
木戸銭 前売券3,500円 当日券4,000円
いつものように本屋さんで雑誌をパラパラとめくってたら
手が止まって目が釘付けになった。
今まで知らなかった。

盲目の写真家、
ユジェン・バフチャル
小泉 誠 展 KuRaSiGoTo
9/15~11/12
入場無料
ギャラリー・間
107-0062 東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
開館時間:11:00-18:00(金曜日は19:00まで)
休館日:日曜・月曜・祝日
(東京デザイナーズ・ウィーク期間中の11/3(祝)、11/6(日)は開館)
tel:03-3402-1010


若林奮 版画展 デッサンと彫刻のあいだ Isamu Wakabayashi : Works of Print
9/6~11/13
観覧料:一般/400円
世田谷美術館
157-0075世田谷区砧公園1-2
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末
tel:03-3415-6011


「若林奮 くるみの樹 DRAWING 1999-2003」
9/11~10/23
入館料:一般/300円
多摩美術大学美術館
東京都多摩市落合1-33-1
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週火曜日(祝日にあたる場合は翌日)、年末
tel:042-357-1251


イサムノグチ展
9/16~11/27
観覧料金:一般/1,300円
東京現代美術館〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末
tel:03-5777-8600(ハローダイヤル)


ルーシー・リー展 器に見るモダニズム
9/10~11/20
入館料:一般/700円
ニューオータニ美術館
東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンコート6F(ロビィ階)
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(但し9/19、10/10は開館、9/20、10/11は休館)
tel:03-3221-4111


「Passion and Action ― 生の芸術 アール・ブリュット」展
9/27~11/27
入館無料
ハウス オブ シセイドウ
104-0061 東京都中央区銀座7-5-5(銀座並木通り 資生堂本社ビル)
開館時間:11:00-19:00(入館は18:30まで)
休館日:月曜日
tel:03-3751-0401


やなぎみわ「無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語」展
8/13~11/6
入館料:一般/1,000円
原美術館
140-0001 東京都品川区北品川4-7-25
開館時間:11:00-17:00 水曜のみ20:00まで(入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
tel:03-3445-0651


杉本 博司:時間の終わり 展
2005/9/17~2006/01/09
入館料:一般/1,500円
森美術館
106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー(53階)
開館時間:月・水~日10:00-22:00 火10:00-17:00(いずれも入館は閉館時間の30分前まで)
* 11/22(火)、1/3(火)は22:00まで開館時間を延長
* 但し10/19(水)は休館、10/20(木)・1/4(水)は17:00閉館
tel:03-5777-8600(ハローダイヤル)
たいてい休みの日は散歩に出かけるのだけど
暑い日は誘われない限りは家にこもりがち。
なので、最近は休日の時間の使い方が縫い物に偏り気味。
今月に入ってからバッグ2個、カードケース2個、小物入れ2個。
モノを作るのが好きだからずっとやってても苦にならないし
基本的に自分が使いたい物しか作らないから、
というのもあるかもしれない。
だからサンプル作りなんて言いながら
気に入った物は自分で使ってたりする。
で、自分で使ってたら人の目にも付くので
後々注文に繋がることもある。
まあ、こういう感じでぼちぼちいくかな。
鈴木康広展 水平線の消息
9/29~10/23
入場無料
※関連イベント
イムズ芸術祭2005 鈴木康広「まばたきの葉」
9/21~10/10 イムズB2Fイムズプラザにて
鈴木康広氏 公式サイト
三菱地所アルティアム
810-0011 福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
開館時間:10:00-20:00
tel:092-733-2050


・・・母と一緒に

「大名茶陶 高取焼」展
9/15~10/30
入場料:一般/1,000円
福岡市美術館 特別展示室A
810-0051福岡市中央区大濠公園1-6
開館時間:9:30-17:30(入館は17時まで)
休館日:月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は、翌火曜日が休館)
tel:092-714-6051


出光美術館名品展Ⅰ・Ⅱ
Ⅰ:9/9~10/30
Ⅱ:11/3~12/25
入館料:500円
出光美術館(門司)
801-0853 北九州市門司区東港町2-3
開館時間:10:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)年末年始、展示替期間
tel:093-332-0251
このまえ見に行けなかった作品展の写真をみつけた。
やっぱり近くで見たいな、これ。佐藤貢さんのコラージュ
写真を見てると<時>を感じる。
漂流物や廃材を使っているからなのかな。

大阪のiTohenさんであってそのあとは東京のlimArtさん。
行きたいけど行けないなあと地団駄を踏んでいた。

で、いつかはと、思ってたら今度は大阪のSEWING TABLE COFFEEだって。
10/12(水)~10/23(日)
行けるかなあ。行けるといいなあ。


SEWING TABLE COFFEE
 大阪府枚方市星丘2-11-18
 財団法人 星ヶ丘洋裁学校内
 OPEN / 11:00AM - 6:00PM
 定休日/ 月 . 火
 TEL / 090-2045-6821


ひまだと言って性格分析診断なんぞするものではありません。
そうよ、そうよ、こんな私じゃいけないのかい?って感じ。
そういう意味では当たってるところもある・・
ちょっとやってみるのもいいかもです。

最近、買い物ばかりしてる。
布を買ったり、服を買ったり。本も買ってるなあ。
これって何かを発散させるためにしてるような感じもする。
以前のように遠出ばかりしてた方が精神的には良かったのかもしれない。
でもあれはあれで経済的にはよくなかったしなあ。
ああ、こんなことでは12月に京都で豪遊が出来ない。
11月予定のこっそり東京一人旅も出来ない。
来月は熊本行くし。
って十分に遠出の予定があるような。。。
さあ、資金を作らねば。バッグを売らねば。
自分の物ばかり作ってる場合ではないな。
サンプル作って営業しなくては。
でも売れるんかなあ・・・・・

こんな私の性格は、診断結果によると
『いつも前向きのオールマイティ・タイプ』らしいよ・・
今日は縫い子にはならずに済んだ。
友人宅で子猫にかじられながら制作会議のようなおしゃべり。
端切れを使ってコサージュを作ろうだの
来年の春の服のテーマは・・だの
昔の雑誌や作品集まで広げて思いつくまま方向ばらばら。
コラボレートってこれだから面白い。
制作会議はなかなかまとまらないが楽しい時間だった。
なんて帯に書かれてあったら手に取らずにはいられませんよ。

猪本典子さんの『イノモト和菓子帖』

美しくて。美味しそうで。
ページをめくる度にため息をつきながら
サイトを検索しまくったのは言うまでもないか。。。

税込価格 2100円 です。
はじめまして、まだ名前が決まっていないキミへ

どんなにみんながキミのことを待っていたことか。
丸3日間、みんなソワソワしっぱなしで。
キミのママも頑張ったよ。眠気と痛みを乗り越えてキミを産んだんだって。
パパも付きっきりで見守ってたんだよ。
キミの初オシッコの瞬間を見たんだって。電話口で興奮気味にしゃべってたよ。
とにかくお誕生おめでとう!
今度キミに会えるのが楽しみだよ。
では。
2005.09.13 Tue | 手紙 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は午後から代休をもらい友人宅へ。
子猫とじゃれ合いながらパンを食べ、彼女の作業が終わるのを待つ。
自分で草木染めした布を使って服を作っている彼女。
今日は先日の台風で落ちてしまった近所の柿の実を使って草木染めをしていた。
何とも言えない甘い匂いの中、布は赤茶色に染まっていく。
明礬液で媒染をするとさらにその色は濃くなり、秋の色に。
彼女が満足するまでこの作業は繰り返されるのだが、
一段落ついたところで気分転換がてら海沿いをドライブしてギャラリーへ向かう。
女性作家二人による衣の作品展。
どちらも気持ちのよい布を使い素敵な衣に仕立てる人達だ。
二人の作品を体に合わせてみると幸せな気分になる。
閉店間際に行ったにもかかわらず、他にお客がいないのをいいことに
あれこれと試着をしオーナーとの久しぶりのおしゃべりについつい長居する。
そしていろんな作品を触っているうちに手放せなくなってしまった衣を購入。
友人といつかこういう幸せな気分になれる作品を作りたいねと話しながら帰る。
友人と行ってきました。
枠にはまらない、それでいて根っこの深い作品群でした。
これからも見続けていきたい。

田上允克展   
Masakatsu Tagami Exhibition 2005
 
3 Sep-25 Sep,2005


いやあ、それにしても展示上手すぎです。いつものことですが。


■ 画 廊 香 月
 〒810-0041 福岡市中央区赤坂3-9-28 ロフティ赤坂2F
 Tel:092-716-1032
 12:00~20:00 月曜休廊
昨日はなんだか疲れたよ。
仕事は休みになったけど、家は雨漏りするし。。

こんな日はきれいな色を見よう。