FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここんとこ忙しかった。ほんと。
明日からまたもうひと頑張りするので自分に栄養を与えることにした。
夕方に思い立ち、山かけ蕎麦を目指して耶馬溪へ。
元祖深瀬屋。ここのとろろは本当に美味しい。
夕暮れ時で紅葉見物のお客さんもほとんど居ずのんびりと頂く。
食後のお茶をしたくても辺りはもう閉店しており仕方ないかと耶馬溪を後にする。
向かった先は湯布院。亀の井別荘の茶房天井桟敷。
珈琲とアイスでほっとする。何度来てもここは落ち着く。
さあ、明日からまた頑張りますか。
スポンサーサイト
こんなにも早くまた逢えるとは。。。
最高のクリスマスプレゼントだ。

小林健二展

小林健二展 -silver words-
11/30~12/25

レセプション:12月3日(土)17:00~「小林健二を囲んで」

■ 画 廊 香 月
 〒810-0041 福岡市中央区赤坂3-9-28 ロフティ赤坂2F
 Tel:092-716-1032
 12:00~20:00 月曜休廊
イライラモードに入りやすい毎日。
仕事帰りに友人宅に招かれて食事をした。

友人が近所に越してきたのは確か先月末。
なのに、見事に何もない、何も揃っていない空間。
冷蔵庫もテレビも洗濯機もない。カーテンも本棚もない。
だが、パソコンと作業台と仕事道具は揃っている。ここはアトリエ?
料理器具もほとんどなかった。レンジもおたまもまな板さえも。
そんな中でシチューを作って食べた。
皿の上で切って割り箸でかき混ぜて。注ぐ時はカップを使って。
クスクス笑いながらの料理は、おままごとを思い出させた。
こんな状況でも美味しいものは出来る。つまり気持ちの問題?
日々イライラしてることがくだらないことに思えてきた。

生活用具は何も無いのに仕事道具はある偏りのある部屋。
その空間全てが友人を象徴してる感じで
あの部屋はずっと変わらないかもなと思いながら帰った。
急に寒くなってきた。
気のせいかな、頭が痛い。

最近ちょっと仕事が立て込んできた。
気分が乗らなかったりで少し焦っている。

イライラはしてはいけない。
眉間のシワはいやだ。

さあ、流れる雲を眺めて体を伸ばそう。
イライラ分散。シワ退散。
夏に行った佐賀での興奮がよみがえる。
秋もおもしろそう。

開明の道を編む 十
「地球の本来に向けて、ヨーソロ~狐さんは地球の行方を見ています」
開催期間:11/23~11/29
企画展会場:佐賀市柳町界隈 佐賀市歴史民俗館

もちろん今回も高橋先生の染織ワークショップがあります。

「もめんに黒とこげ茶を染める」高橋裕博
・「藍と茜」11月28日(月)午前10時30分~ 
・「山ももと五倍子」11月29日(火)午前10時30分~
(申し込み制・定員各15名・5,000円、両日受講の方は8000円 
※黒は両日参加で染められます)

黒は草木染ではなかなか出せない色。
いろんな色を重ねて重ねて行き着く先という感じがする。
やはり今回で最後なのかな。。
友人が、今月末から6日間、京都で作品を展示します。
お近くの方は是非。お近くでない方も是非。

アートマカロニ3
11月29日(火)-12月4日(日)
gallery 2 大月香代 立花古陸
gallery 3 久保直美 cait sith

秋深まる京都でアートを楽しむ。

ホワイトキューブKYOTO
604-8035 京都市中京区新京極通三条下ル詩の小路ビル4F
営業時間:11:00~20:00
日曜日:11:00~18:00
tel:075-241-0118
水族館劇場 月と篝り火と獣たち NOSTALGIA

観終わった後は気分爽快でした。
野外劇はやっぱりいい!
両隣の人とぴったりくっついた状態の桟敷席で
寒さなんて感じませんでした。
まあ、興奮してたのもあるかもな。。。
毎朝仕事を始める前に珈琲を淹れる。
眠気を取るためとか気分を切り替えるためとか
色々理由をつけつつも、珈琲が好きだからと言うのがいちばん。
旅先でも美味しい珈琲に出会ったら豆を買って帰るほど。
最近広島を思い出すことがあったからなのか、ここの秋ブレンドが恋しい。

蛇舞珈亭 (じゃまいかてい)
732-0062 広島市東区牛田早稲田3-13-6
営業時間:10:00-21:00
定休日:火曜日
tel:非公開

丁寧な仕事。
チーズケーキも絶品。
ぽつりぽつりと便りをくれる友人がいる。
最後に会ったのは何年前?
離れた所に住んでいるというのもあって
今では便りだけが唯一のつながりのようになっている。
いつも気遣いの言葉を忘れない優しい人だ。
この人の言葉に助けられたことが何度あっただろうか。
お互いに涙する時期があっただけに
うれしい知らせをもらった時は自分のことのように喜んだ。
それからずっといい便りが続いている。

どうぞこの優しい友の上に幸せな時間がずっと流れますように。
いつもと違う見方で、忘れてはイケナイことを考える。

PIKADON

お絵描きしながらYes!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。