FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる

漢字にすると凄いな。

非日常に輝く日々が訪れますように。

皆さんにも私にも。
佐藤貢 個展 朝
SATO,Mitsugu Solo Exhibition
5/3(水)~5/21(日)

平面及び造形作品の展示。全て新作による発表。
限定1,000部の佐藤貢作品集『朝』の出版もあり。

iTohen いとへん Books Gallery Coffee
531-0073 大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F
open:12:00-20:00 月・火曜 定休日
Tel:06-6292-2812 Fax:06-6292-2789

いつになったら会えるんだろう。
鶯が元気よく鳴いている。

目を閉じて耳を澄ませていると
そのまま寝てしまいそうになる。

いや、寝ている。

うららかな春の一日。



ル・ベイン・デザイン塾

今年は、現代デザイン論シリーズ「TOKYO FUTURE DESIGN」と
水と文化のシリーズ「茶の湯の今日~道具をめぐって」の二本立て。

現代デザイン論シリーズ
Tokyo Future design ll

【日時】
2006年6月3日(土)~8月05日(土)
18:30~20:30 全5回
【定員】
60名(先着順受付)
【受講料】
¥25,000(消費税込 全5回通し)
【講師】
2006.06.03 原 研哉 (グラフィック)
2006.06.17 山中 俊治 (プロダクト)
2006.07.08 伊東 豊雄 (建築)
2006.07.22 須藤 玲子 (テキスタイル)
2006.08.05 内田 繁 (インテリア)

水と文化シリーズ
茶の湯の今日~道具をめぐって 4人の講師と内田繁の対談

【日時】
2006年9月23日(土)~12月39日(土)
18:30~20:30 全5回
□各回前半は講師による講義、後半は内田繁氏との対談になります。
【募集定員】
60名(先着順受付)
【受講料】
¥25,000(消費税込 全5回通し)
【講師】
2006.09.23 竹内 順一 (東京芸術大学教授)
2006.10.07 樂 吉左衛門 (陶芸家・15代吉左衛門) 
2006.10.28 千 宗屋 (武者小路千家・15代家元後嗣)
2006.11.25 矢萩 春恵 (女流書家)
2006.12.09 竹内順一×内田繁

【主催】 ル・ベイン [ (株) リラインス ]
【場所】 ギャラリー ル・ベイン
東京都港区西麻布3-16-28
Tel:03-3479-3843(ギャラリー)

【お申込み・お問合せ】 内田デザイン研究所
106-0031 東京都港区西麻布3-16-28 3A
Tel:03-3479-6568 Fax:03-3479-5036
申込書ダウンロード
友人のアトリエで雑貨のイベントをしていたので、ちょっと見学。
昨年、マタニティ服の布を染めた杏の木が、実をつけていた。
もうすぐ杏ジャムが作れるなあと時機をうかがう。


今日は雨で散歩にも出かけられない。
仕方がないから、押し花の本でも眺めていようかな。
これはロンドンの自然史博物館にある押し花。

04201.jpg

見ていると、やっぱり森に行きたくなる。

Title:flora
Photographs:Nick Knight
Text:Sandra Knapp
Size:244mm x 371mm / 80P / Hardcover
Publisher:Schirmer/Mosel Verlag GmbH Germany
ISBN 3-88814-238-5
3年くらい前だったか、ある場所に植えたアイビーが
最近、信じられないくらいに急成長している。
新しい葉がかなり目立ち始めて、
日に日に増えているのは、誰の目にも明らか。
「何かあげたの?」って聞かれるけど、何もしていない。
水やりさえも、まめにしていなかった。
ただ、いつも見て、挨拶をしていただけ。
やっと根付いたのかな。

いろんなものが芽生える季節だ。


四月とは思えない陽気。
タンポポも早くも旅立ちの時を迎えています。

ちょっと、うらやましい。


がんばれ、キミはつよいぞ。
来月の友人の披露宴に着て行く服を決めた。
昨年、従弟の結婚式の時に、母の為に作ったワンピース。
試しに着てみたら、私にも合ったので、これにしようと。
でも、8月に着るために作ったので、フレンチスリーブではちょっと寒いかも。
ということで、ワンピースのポイントに使っていた布でショールを作ることに。
この布は、紫染めのワークショップに参加した時に染めた物。
レース生地のワンピースに合わせるとこんな感じ。



まだ1ヶ月くらい先なのに、準備は着々と進んでいる。
友人と久しぶりのお出かけ。

今日は楽しみにしていたことが3つあった。
まず、先月プレゼントしたバッグのコラボ完成品のお披露目。
車に乗ってすぐに見せてもらって、思わず膝の上でパチリ。



友人曰く、上はエレガント仕様で、下はスポーティー仕様、だそう。

bag2.jpg

両面ともカワイイ!ステキ!
布でもちゃんと刷れるんだね~って大興奮。
これを見てしまうとアイロンプリントはもう話にならないな。
次のコラボの構想をこっそり練ってしまった。

海沿いを走って向かった先は、友人の個展。会場風景はこちら
やっぱり行って良かった。
彼女の作品を見ていると、ほっとする。笑顔になる。
『サメ』の青がとても気に入って、ずっと見ていたかった。


気分転換に森へ行ったら、草苺達がお出迎え。
5月の実になる頃がまた楽しみ。
spiral market selection vol.109
「AT WORK」 by POSTALCO

ニューヨーク、ブルックリン生まれの「POSTALCO」
今回は、WORKをキーワードに作られたイメージカードを、
その場でパズルを組み合わせるように一冊のブックレットに
まとめられるワークスペースの展示です。
POSTALCO定番の革と布の書類入れ、クロス貼りの
ノートブック、印刷物等も販売予定。

4/13(木)~4/30(日)

スパイラルマーケット
東京都港区南青山5-6-23 スパイラル2F 
開館時間:11:00~20:00
Tel:03-3498-5792


岡本太郎・誇らかなメッセージ“明日の神話”完成への道 展

国内で修復作業が進められている壁画《明日の神話》(1969年、高さ5.5m×横30m)の
原寸大の写真パネルを展示と共に壁画の原画4点や関連する映像や様々な資料を展示。
岡本太郎の原爆やヒロシマに対する考え方および制作の意図を明らかに。

4/15(土)~5/28(日)
観覧料:一般1,030円 ※5/5(木)子どもの日は、小中高生無料

広島市現代美術館
732-0815 広島市南区比治山公園1-1
開館時間:10:00~17:00(ただし5/5は19:00まで開館)
       ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
Tel:082-264-1121


夢見の悪い朝。

曇った空を見上げながら、解いていこうと思ったけれど
忘れてしまった方が精神的には良さそうなので
ぼーっと眺めることにした。

所詮、夢。
夢より現実に目を向けなくては。


日々を充実したものにするには
非日常も必要。だと思う。
体を休めるつもりが、結局何かやっている。

組立式の本棚を2本も買ったのがまずかった。
大きくて重いので少しずつ運ぶしかないなと、階段を何度も昇り降り。
途中で休憩したりしつつも、2本完成した頃にはヘトヘトで
床に山積みになった本はまだそのまま・・
部屋の模様替えが終わるのは、いつになることか。

こういうの得意なはずなのに、体力がついていけない、今日この頃。


石原 稔久
注ぐかたち 注がれるかたち

注器をテーマにした初めての個展。

4/22~4/30 (25日は休み)
11:00~18:00

作家来店日 22.24.29.30
24日 イシハラカフェ open

■クラフトの店 梅屋
福岡市早良区大字石釜870-1
Tel:092-872-8590

ここの春は気持ちよいこと間違い無しです。


ご褒美をもらってしまった。

花束なんて、久しぶりで、うれしいやら、はずかしいやら。

きれいな色のバラ。ありがとうです。
いつもの日々に戻ってきました。

久しぶりに小学校の前を通ると
散った桜の花びらが道一面に敷きつめられていて
雨空の下で静かに最期まで美しさを放っていました。

いつもの時間に戻る瞬間を感じた朝。


10日間ほど留守にします。
のんびりする前に、ひとつ用事を済ませてきます。

よかったら、また遊びにいらして下さいね。