FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる

白々と夜が明けていく時間に移動。
雪をかぶった山や霜がおりた田畑など
真冬らしい景色を助手席で堪能したり
日が昇ると眩しさにうつらうつらしたり。。

我が家に到着すると母から質問攻め。
「いい子にしてたの?」って感じ。
娘はもういい歳なんですけど。

もうすぐ今年も終わり。
今度のお正月は静かにすごそうと思っている。

皆様も充実した真冬の時間をすごされますように。。
limArtが徒歩2分ほど離れた場所に新たに別館をオープン。

limArt別館 オープニングイベント
「tanakatakashi collection」


アーティスト田中貴志の「tanakatakashi collection」を開催します。
白い色、添えられた言葉の形、線の重なりtanaka takashiの作品は柔らかい空気を含んでいます。しかし、作品自体は緻密に鋭いエッジが効いていて甘さを好みません。

心を優しく掴みつつも静かな思考をもたらすような作品です。

1/7(日)~ 1/21(日)
12:00 ~20:00 最終日のみ19:00まで
毎週月曜日休み

リムアート別館 
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 GreenHills- GF
地元からの知らせでは時折吹雪いているそうだが
ここは昨日から変な天気でパーッと晴れたかと思うとドーンと曇ったりで
部屋の中の明るさがころころと変わっていく。
おまけに今日は風が強くて寒い。
それでも散歩をしたくて晴れ間に外に飛び出してみたが、
ぴゅ~のひと吹きで部屋に舞い戻った。。
そろそろ冬眠かな。


こもりがちな季節。

掃除をしたあと、気が向くままに縫い物をしてみる。
ネル地を手縫いして枕カバー完成。



今朝もジャブジャブ洗う。
これで肌触りはさらに良くなった。
どうぞ今夜は気持ちよく眠れますように。
ここ数年、クリスマスに特別なことなんてしてなかったけど
今年はちょっと意識してすごしてみた。
ディナーに出かけたり、ちょっとだけプレゼントを用意したり。
若い頃のようにキャーッとはしゃぐ事はさすがにないけど
美味しい。楽しい。嬉しい。に満たされた。

さあ、ひと息ついたら年末のするべきことに頭を切り替え。


なぜ私の周りは12月生まれの友人が多いのだろう。
まるでサンタになった気分。
猪熊弦一郎展 『いのくまさん』

「こどもの ころから えが すきだった いのくまさん おもしろい えを いっぱい かいた」
絵本『いのくまさん』はこんな文章から始まります。画家・猪熊弦一郎(1902-1993)を紹介するのに、これほどぴったりくる一文はないでしょう。美術学校時代の人物像、パリで描いた街行く人々、ニューヨークの都市の風景、ハワイで見つけた色と形…、幾度となく大きな変化を遂げた多彩な作品群には、常に新しい表現を求め挑戦し続けた猪熊の、つきることのない制作への意欲と、絵を描く喜びがあふれています。
絵本『いのくまさん』では、特徴的なモチーフ「顔」「鳥」「猫」から「形」「色」といったテーマまで、まさに猪熊絵画の全容が、谷川俊太郎の単純明快な文章によって表されています。本展では、絵本『いのくまさん』の内容に沿って作品を展示、谷川の言葉といっしょにそれぞれの絵を巡るうち、全体が一つの猪熊ワールドとなって観る人を包み込みます。縦4メートルの巨大な抽象画もメモ用紙に描かれた猫の絵も、あれこれいっぱい観た後は、絵本の最後の言葉「いのくまさんは たのしいな」で心がいっぱいになることでしょう。

1/1(月・祝)-4/15(日) 休:2/26(月)
期間中、作品の一部を変更します。
(前期:1/1-2/25、後期:2/27-4/15)

一般700円

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
763-0022 香川県丸亀市浜町 80-1
開館時間:10:00-18:00(入館は17:30 まで)
Tel:0877-24-7755
外を歩くにはぴったりの風のない小春日和。
朝から列車に揺られ揺られディーゼルの懐かしい音に耳を傾けたりして
青春18きっぷで女二人旅。

この切符のよいところは
のんびり気の向くままに途中下車が出来ること。
列車からきれいな景色が見えたら降りて存分に眺められる。
美味しいうどんが食べれるお店を思い出せば立ち寄れる。
ああ、ついでに古道具屋さんにも行ってみよう。
なんて、ふらり旅が好きな人にはおすすめ。
プライスコレクション
『若冲と江戸絵画』

The Price Collection JAKUCHU and The Age of Imagination

1/1(月)~3/11(日)

展示作品総数  109件 ※期間中、一部展示替えあり。
公式サイトコレクションブログもあり。

観覧料 一般 1,300円

九州国立博物館
818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2
休館日:月曜休館
(月曜日が祝祭日の場合は開館、翌日休館・ただし、1月2日、9日は開館)
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
昨日のぽかぽか陽気はどこへ。暗い冬の雨空。

最近うれしいニュースがぽつぽつと届いて
「よかったね~!」「おめでとう!」の言葉を贈っている。
こういうやりとりはいくらでもあってほしい。
優しい気持ちで一日をすごせるから。

私はというと、今はエールをもらうことが多いかな。
来年から始まるいろんなことに。

ありがとう。がんばるよ。楽しみながら。
八谷和彦―OpenSky 2.0

2006/12/15(金)-2007/3/11(日)

「夢のようなこと」がたとえ個人であっても……むしろ個人であるからこそ実現可能であることを検証するプロジェクトでもある「OpenSky」は,わたしたち自身が,空を自由に飛ぶことができるということを「夢」から解放してくれるものにちがいありません.

NTT インターコミュニケーション・センター[ICC]
163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
開館時間:10:00-18:00(入館は開館の30分前まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12/28-1/4)2月の第2日曜日,8月の第1日曜日
Tel:0120-144199
20061209.jpg

太陽が待ち遠しい日々。

友人から好い知らせがあり
ほんわか温かい気持ちで眠りについた翌日
今度はステキな郵便物が届き、更に気持ちが晴れた。

作品展に行ったお礼にとのこと。
こちらこそどうもありがとう。
漆の平面、漆の仕事
「下地ワークス・クリスマス」展
小川マア


12/13(水)-12/23(土) 10:00-20:00
期間中無休

塗りの工程の一部である「下地」の魅力が美しく表現された「下地ワークス」。
そのクリスマス・ヴァージョンです。深い漆の黒に、いろいろな絵柄の金箔。
いつもより素敵なクリスマスになりそうです。

月日荘
467-0004 名古屋市瑞穂区松月町4-9-2
Open:水曜日~土曜日 10:00~8:00
Close:日曜日・月曜日・火曜日(企画展時は営業時間・定休日が変わります)
Tel:0528414418
小春日和だったはずの今日。
朝、目が覚めると、
くしゃみ連発とティッシュが手放せない状態になっていた。

鼻のすすりすぎで頭が朦朧となりながら考えることは実にくだらない。
『風邪をひいたら口にしたくなるのは何だ?』
りんご。
蜂蜜たっぷりのホットレモン。
アイスクリーム。
ホットケーキ。
って、風邪じゃなくても食べたいのではと思わなくもないけれど。。
立花文穂展 “SMTWTFS07”

今年も、カレンダーを製作しました。
今年は、東青山での展示になります。
150部製作され、12,000円で販売予定。

12/7(木)-12/23(土・祝)
12:00-20:00 月曜日休み

東青山(ひがしあおやま)
107-0062 東京都港区南青山6-1-6 パレス青山アーケード内
Tel:03-3400-5525
今回は布を染めた友人からの提案で
ぐるぐる巻きのバッグを製作。



細いテープ状にカットした布を
籠を作るように巻きながら縫い上げた物。

自分の中でまだ上手く消化できていないので
何点か続けて作ってみようと思っている。
てのひら展
12/1(金)-12/5(火) 11:00-18:00 期間中無休
作家在廊 1.3.5日他

上村誠         門司ヶ関人形(土人形)
只隈亜由美      陶器
まるとも        和紙ランプ
八神紀子       イラスト作品etc
EADY*HARANO  草木染め
村田工房       自然のアクセサリー

Gallery 丞屋
811-4146 宗像市赤間4-11-20
Tel:0940-35-1189

12/3(日)15:30からアコースティックライブもあり。
¥500(ワンドリンク付)