FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる

ル・コルビュジエ展
建築とアート、その創造の軌跡


コルビュジエは、20世紀に花開いた近代建築の始祖といわれています。それは、彼が機能的な建築のデザインを通して、科学技術に支えられた新たな人間の生き方の可能性を表現したからです。しかし実は、彼は建築以外の“創造の時間”を持っていました。朝は自分のアパートのアトリエで絵を描き、午後は事務所で建築の仕事をしていたのです。本展では展示物の半分が絵画・素描などのアートで、半分が建築、都市計画の作品となります。ギャラリーには実物大のアトリエを再現、その他2つの建築空間も再現し、皆さんはその中へ出入りしてコルビュジエの世界を体感していただけることでしょう。彼の生誕120年となる2007年、世界中でその建築物や人物像への注目が高まっています。森美術館は人間コルビュジエと、彼の多様な才能に迫り、創造の軌跡をたどりたいと思います。

5/26(土)~9/24(月・祝)
入場料:一般 1,500

森美術館 53階 ギャラリー1、3~6
106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー(53階)
開館時間:月・水~日曜日10:00~22:00 火曜日 10:00~17:00
(いずれも最終入館時間は閉館の30分前まで)
Tel:03-5777-8600(ハローダイヤル)