blue sky memo

気になるモノを書きとめる


ニャッキと丸っこたち。

口に入れそうなので避けていたねんど。
指先がだいぶん器用になってきたので始めてみた。

小さな方は丸めるばかり。
頑張るのはやはり相方。

こむぎんちょ使用。
小麦と塩分と水で作られたねんどなので安心。

朝から作れと言われるのは辛いけど
目をキラキラされるとやるしかない。



昨日、久しぶりに電話をかけてきて
「私が雑誌に載ってるの見た?」と言われ、
本日さっそく購入。

こういうの、
自分から言ってくるあたりが彼女らしくて可愛い。
だいたい言いたくても連絡待ってるよね。。

見ましたよ。
いつもの貴女だけど
ちょっとカメラ意識してますね。
そこがまた可愛いです。

って、ここ教えてたっけ…まあいいや。



とりあえず引っ越し。

手前の3つ同時に出た芽。
たぶん普通じゃないよね…
でもますますどんぐりらしくなってる。
どこまで大きくなれるかな。

というか、
うちのベランダでいつまで育てられるかな。。



テーブルにうつぶせてうたた寝をしてたら
伸ばしてた手に皿をのせられていた。
犯人は小さな方。

スーパーでは素敵な出会いが。
われせんコーナーにマスヤの袋。
見れば分かるおにぎりせんべいのわれせん。
通常113グラムで178円が
たっぷり180グラムで168円。
賞味期限から計算して3袋購入し
ほくほく顔で帰宅。

そんな休日。



時々買うマジョリティーの食玩。

スーパーで320円で買ってたのに百均で当たり前のように100円で売られてた。
今までスーパーで何台買ったかな…

手前の赤い車。
これは『ミニクーパー』ではなく
『おみみクーパー』らしい。
丁寧に言ったつもり?(笑)

小さな方のいいまつがい語録更新。



とりあえず、
静かな朝を迎えました。。

しばらく様子見。



毎朝、鳩の鳴き声で目が覚めるのだが、
今日はさらにうるさい。

と思ったら、ベランダの隅に巣を作ろうと
せっせと草を運んできている姿が…

それは困ると草を拾い集めて袋に入れ
その袋を通路となっている場所に挟んでみた。
「鳩さん、ここはダメよ」のメッセージのつもり(写真)

が、数時間後には押しのけられて
また草が置かれてた…

何か避ける物を置くしかないのかな。



家にいてもムシムシするので
涼みに行こうと近くの幼稚園へ。
週一度の体験教室に参加。

が、教室のクーラーが壊れてて
1時間サウナに入ってきた。
親子でぐったり…

毎週行っている訳ではないが、
行った時は何かしらアクシデントがある。
おかげで今のところいいイメージ無し…
相性悪いのかな。
今度は他の幼稚園に行ってみよう。

幼稚園探しの旅のはじまりはじまり。



雨上がり霧の中橋を渡り
紫陽花に逢いに行く。

あわじ花の歳時記園。
山の斜面に色とりどりの紫陽花が
ぎゅっと集まっている感じが好き。

雨には紫陽花。
紫陽花にはカタツムリ。
カタツムリが怖くて触れない小さな方。

高台のカフェで紫陽花を眺めながら
赤しそジュースを飲み休憩。
鶯の声が響き渡る。

また来年。



小さな方、2歳7ヶ月。

いいまつがい・ききまつがいの世界を歩いている。
「ジャムおじさん」はまだ「ジャムいしいさん」
「パリ・ルーベ(自転車レースね)」は「かにルーベ」
「ご馳走様でした」は「おこさまでした」
あれ、まだまだあるのに
書こうとしたら思い出せない…

おもしろ言動もあり。
怒ると「きみはー!」と叫ぶ。
何のつもりか?笑うと更に怒る。
「ん~困ったねぇ。どうしよう」と腕組をする。
が、自分を抱きしめているようにしか見えない。
相方がオナラすると、嬉しそうに
「ぷーしたネ!」と言う。
たまに「屁したネ!」とも言う。
境目は音?

相変わらず踊りは脱力系。
どこまでもゆるい。

赤ん坊の頃しなかった
拾い食いを今頃している。
今はさくらんぼの種が誘惑しているらしい。

いろんな意味で目が離せない。



若芽の育つ季節。
みんな元気に育ってます。

疑惑(?)の三つの芽も
ますますどんぐりっぽくなり、
新入りさんも根付いた様子。

今悩んでること。
プランターに植え替えるか、
それぞれ大きな鉢に植え替えるか。

ご意見求む。



思いがけず、キレイな青に出会った。

てくてく歩いて喉が渇いたので
駄菓子屋さんでラムネを購入。
いまどきのペットボトル仕様で、
あのガラスとガラスがぶつかる涼しげな音はしない。
その代わり、簡単に中を開くことが出来た。

で、出てきたのがこの青い玉。

小さな方はもちろん、
私も大興奮で奪い合う…の図。

見方を変えれば、
親子の触れ合いシーンに見えるね。。



島にあるスーパーの前で
年代物のガチャガチャに出会ったらしい。
(相方談。により写真無し)

で、中から出てきたのはやはり年代物。
自分で組み立てシールを貼る。
塗装の具合や雑な作りが懐かしい。

『ブルドーザー』なんだけど
小さな方の中では『どろぼーざー』。
かなりのワルだね。



二日目の早朝。
何度外を見ても雨。

雨の中の散策は
小さな方には厳しいので
屋内鑑賞のミュージアムへ。

小さな方、世界の国旗がずらりと並んだ作品に出会う。
嬉しくて楽しくて一歩も動かない。
作家さんも喜んでくれるかな。

雨は上がりそうもなく
早めのフェリーで帰宅。

辛抱強く付き合ってくれた
相方と小さな方に感謝。
ありがとう。




絶不調を薬でごまかしつつ強行軍。
車プラス船の旅。

向かった先は直島。

小さな方のお昼寝中に
家プロジェクトを一人散策。
自分の行きたい方角へ足を進める。
こういうの、久しぶり。

夕方には雲が広がり
アートな景色もちょっと寂しげ。




ここ数日喉が痛くてたまらなかった。
昨日からプラス鼻水と頭痛。
あと微熱。

ぐっすり眠れなくて
どうも夜中は唸っているらしい。
ああ、それは熱がある時の私だよ。

写真は小さな方のTシャツ。
「カバとムシ」という動物だそうだ。

もう、力が入らんよ…




ということで、気になる芽の行方を。

やはり小さな芽が3つ伸びている。
隣のどんぐりとも似ているような…

で、もうひとつの鉢に新しい芽が!
これは昨日公園から新たに持ち帰ったもの。
小さな方が「どんぐりー!」と拾い上げたら
芽と根っこが出ていたのだ。
どんぐりが地面の上にいても育つんだね…

仲間が増えたどんぐり一家?
さてどうなることやら。




時折雲が太陽を遮り
スポーツ観戦するにはありがたい天気。

今日は相方のロードレースの観戦へ。
いつもは小さな方と二人で留守番なのだが、
近場だし、大きな公園が会場なので
散歩も楽しいかなと同行。

会場着くなり沢山のカッコイイ自転車に
小さな方のテンションぐんぐん上がる。
結果、上がりすぎてレース直前にお昼寝突入…
一発目のノリノリ父ちゃんを見逃す。

次の2時間耐久レースは起きて観戦。
おやつをほおばり水を飲みつつ
飽きもせず延々と観戦。
散歩は?と誘っても動かない。。
相方はニコニコで目の前を通り過ぎていく。

散歩したかったな…
ここは我が家のどんぐりの故郷。
足元には同じような芽が沢山いた。
さあ、確かめよう。




田んぼに水が入った。でも半分。

ここはのんびりさんがされているのか
昨年も梅雨入りぎりぎりの頃に
田植えをしていた。

したがって、刈り入れも
忘れているんじゃないかと
こっちが心配になるくらいのんびり。

さて今年ものんびり見学させてもらおう。




夕方公園にいたらゴロゴロと
北の山から雷が鳴り始めた。
散歩中ずっと空が気になってしかたない。

帰宅してしばらくすると
蛙の合唱が始まり
そして夕立。

雨雲が通り過ぎたら夕焼け空。

きたきたという感じ。



二ヶ月に一度の診察の日。
今日も血管見つけられなくて
採血に手間取る看護士さん。
もうここも三年通ってるのに。

結果が出るまでの一時間、
一人でうろうろ外を散歩。
こんなことしてる人、他にいない…

結果は、春の悪化期間を過ぎ、
また正常値に近い数値。
あと半年変動なければ
薬の量も減らせるらしい。

頑張らないけど、頑張れ私。

さぁ、今日は病院のはしごだ…