FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる


初めての工作は鯉のぼり。

毎朝、園長先生がお迎えに来てくれるのだが、
毎度気になる一言を残してくれる。
今日は「マルコメ君、人気あるんですよ。」

何が?どうして?と聞く間もなく
マルコメ君をサッと乗せて走り去る。

何をやらかしてるんだろうかと
気になりつつ一日をすごして夕方。
今度は送りの担任の先生が一言
「マルコメ君、人気者なんです。」
キミ達は示し合わせてるのか?
と思いつつ話を聞く。

マルコメ君、園庭で得意げに自転車を乗り回し(もちろんペダル無し)
「先生見て!ほら見て!」と呼ぶらしく、
その姿を見て年長年中の女の子達が
「マルコメ君、かわいい~」と騒いでいるそうだ。。

マルコメ君、1ヶ月経たずにギャルのハートをキャッチ(笑)

はやくもモテ期到来か?(親ばか全開)





それ、母ちゃんに返してよ。

先週末は相方の会社のイベントで潮干狩りへ。
マルコメ君と私は初挑戦。
百均で潮干狩りセットを買って、
マルコメ君のお砂場セットを持参。

一番頑張ったのは数十年ぶりだと言う相方。
私は楽しむ程度。。
マルコメ君はカニやヤドカリと遊んで戦力外(笑)

結果、1.5キロくらいのアサリと蛤をゲット。
一家で食べるに充分な量だ。

途中、雨やら雹やら降ってきたりしたが、
楽しい時間だった。

来年はマルコメ君も頑張ってね。





最新作。東京タワー。らしい。

今月から幼稚園デビュー。
一日目:訳分からないまま登園。
行きのバスの中で泣いたらしい。
二日目:笑顔で登園。園長先生と仲良しに。
三日目:幼稚園から帰りたくないと号泣。
園児服のポケットに砂。
四日目:園児服のポケットと通園バッグの中に砂。
ポケットはまだ分かるけど…
五日目:友達に自分から「ごめんなさい」が言えた(何したんだ?)
帰りのバスから降りたがらないは連日。
六日目:自由登園日。
父ちゃんに送ってもらう。
七日目:お弁当の日。完食。嬉しい。
この日から一日保育に。
八日目:先生から「わんぱくです」と(笑)

という感じで、順調?

幼稚園大好きがやはり一番嬉しい。
園長先生と仲良しのようで、
家での会話によく登場する。
母ちゃんも園長先生好きだよ。

とりあえず幼稚園選びは成功かな。




願いをこめて参加しました。
よかったら見て下さい。
フルスクリーンでね。

うまく表示されなかったら、こちらをクリックして下さい
携帯からはこちら





満開の桜の下にいるのは、私の相棒(笑)

ついにマイチャリを手にした。
ママチャリでもMTBでもロードバイクでもなくミニベロ。
チャイルドシートもカゴもなし。
ザ・シンプル。

マルコメ君が幼稚園デビューした昨日、
私もポタリングデビュー。

小路の多いこの町を
小回り利くこの子と駆け巡るよ。





マルコメ君、今日から幼稚園。

バス通園なので、マンション前でお迎えを待つ。
『母ちゃん、幼稚園行くって言ったのに、
何でおうちの車に乗らないの?』
とでも言いたそうな顔でウロウロしてる。

バス到着。
先生、お喋りしながらも手際よく
ササッとマルコメ君を乗せて、スーッと出発。
マルコメ君、ぽかーんと口を開けたまま姿を消した(笑)
ちょっと拍子抜け。

今週はお昼まで。
お腹空かせて帰ってくるだろうと待っていたら、
マルコメ君、「帰らなーい!お出かけする!」
と私との再会を喜ぶ様子もない。。

送ってくれた担任の先生が
「この子、めっちゃ面白いです」と。
帰る時、お友達一人一人に
「楽しかった?」と聞いてたらしい(笑)

そして家に入りたがらないので、
ドライブに出かけたらすぐに寝てしまった。
空腹より睡魔が勝ったらしい。

幼稚園楽しかったみたいでよかった。





吊りベルト、暴れすぎて外れてしまい、
腰パン状態で帰るの図。

ご要望により、記念撮影のエピソードを(笑)

入園式は30分で終了したのだが、
その後にクラスごとの記念撮影があった。

3歳児、並ばせるの、大変なんだね。
まずは椅子に一人で座れる子。
次にその後ろに一人で立てる子。
立てる子の後ろにその子のママと
ママに抱っこされて写る子。
そしてその後ろにパパ達。

さあ写しますよ!と言っても
じっとしてる訳がない3歳児。

並びを整えてる間に
椅子から床に滑り落ちるAちゃん。
カメラマンさんが「いいですかぁ」と言うと
「はぁーい」と手を挙げて降ろさないB君。
カメラマンさんがプーさんのぬいぐるみを手に持ち
「プーさんを見てね!」と言うと
前屈みになってプーさんをガン見するマルコメ君(笑)
この三人を中心にチビ達が動いてくれて、
なかなか撮れない。。

それでもカメラマンさん頑張って
みんなが揃った瞬間を撮ってくれた。
さすがプロ。

こうやって微笑ましい(?)エピソードも生まれ、
無事に入園式は終わったのでした。

写真が楽しみだ。。






雨降る空に咲く桜。

マルコメ君、幼稚園の入園式へ。

幼稚園に到着して、人の多さに引き気味。。
そして、式がある部屋へ移動しようとした時からぐずぐずが始まった。
この部屋、身体測定で入ったことがあるのだが、
どうもあまりいい思い出がないようで…
外に出たいと泣き始めた。

クラスのお友達と一緒に座って式に参加なんて無理。
泣きわめいて暴れるので父ちゃんと一緒にいったん外へ。
落ち着いたところで部屋の一番後ろに移動。
次は父兄席へ、次はお友達の隣へと父ちゃんと一緒に移動。
最後のクラスの記念撮影は、一人でお友達と並ぶことが出来た。

親子共にものすごく精神的に疲れた1時間。

絶対忘れないな。。



目的個数に到達したそうです。
ご協力して下さった方ありがとうございました♪


被災地で頑張ってる子供達にスクールバッグを贈ろう!

被災地の子供たちへ贈る「スクールバッグ」急遽募集

以下 http://www.jhia.org/info/  より転記


この度の大震災の被災地で、福島県在住の子育て支援ボランティア団体の
当会会員さんよりSOSが入りました。
被災地では津波の被害で、通園・通学用のカバンがなく、
子供たちが大変困っているとの事です。
皆様からの心のこもった手づくりのバッグで、子供たちが笑顔になって欲しい。
会員・手芸愛好家の皆さん、ご協力お願いいたします。

以下の要項でスクールバッグを募集します。

募集要項・注意事項
1.バッグのサイズ:縦30cm位×横40~45cm位 まちは必要ありません。
2.持ち手の長さ:30cm~40cm位。持ち手の間隔は12cm(内側)。
3.布地:キルティング布(できればキャラクターなどが入っているとうれしいとのこと)。
4.色:お好きな色で結構です。
5.ポケット・飾りは必要ありません。シンプルなもので結構です。
6.名前を記入する布を縫い付けてださい。サイズ;縦3cm×横10cm位。
7.募集数:いくつでも(最終1000枚を目標としています)。
8.配布地区:最初は福島県沿岸の被災地区。その後北上する予定です。
9.励ましのメッセージカードなども歓迎します(バッグに入れてください。なくてもOK)。
10.募集期間:第1弾は4月15日(必着)。
11.スクールバッグ以外の物を同梱するのはご遠慮ください。ただし、被災地へ送るための送料として、図書券・金券などの援助をいただけましたら大変助かります。現金に替え、余った金額は日本赤十字社へ寄付いたします。
12.申し訳ございませんが、当会までの送料はご負担ください。

送り先・問い合わせ先
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町3-23 ヴォーグビル8F
(財)日本手芸普及協会事務局
TEL: 03-5261-5096  FAX:03-3269-8725
E-mail office@jhia.org


ガシャポンでゲットした腕時計。

昨日からこれをはめて変身している。
マルコメ君、トーマスの腕時計でウルトラマンに変身出来るらしい。
すごいや。

腕時計をポンと叩いて
その手を上に挙げたら変身完了。
変身時間もかなり短縮。
ポーズもそれっぽい。

だけど、5秒も経たないうちに
「まけちゃったぁ~」
今度は負けるのか。。

ヒーローの道はまだまだ遠いようだね。