FC2ブログ

blue sky memo

気になるモノを書きとめる

故郷の友のお父さんが亡くなられた
私が思い出すパパさん
お店の厨房に立つ姿
ガレージで作業してる姿
穏やかで、でもちょっと頑固そうで
器用で、カッコイイのだ

ある時期
会社から真っ直ぐ家に帰りたくない私がいた
仕事が許容量を超えつつあり
でも断れない、愚痴をこぼせない
なんかもう不器用極まりない…
帰る頃にはヘトヘトで
そういう顔を親に見せたくなかった

そんな時にある友が連れて行ってくれたのが
パパさん一家がされていたカフェ
ご飯が美味しくて珈琲も美味しくて
ママさんのお喋りが楽しくて
看板娘の毒舌が面白くて
いつのまにかほぼ毎日行くようになっていた

「いつもボーッとしてるけど、
そんなんで仕事出来てるの?」
なんて看板娘に言われたり
そんなやり取りも心地良くて。
疲れてんだよ!って言いたかったけど(笑)
看板娘とも仲良くなれて楽しかったな

何よりパパさんのご飯が大好きだった
仕事中もろくに食べてなかったし
ほんとパパさんのご飯で生きていた

あの頃は言えなかったけど
ありがとうしかないのです
おかげで今の私は元気です

パパさん、ありがとうございました
どうぞ安らかに
マル、6年生から
朝の陸上クラブに参加するようになった。
学校の授業が始まる前に走るのだから
そりゃもう早起き…
ただでさえ朝食に時間がかかる子なので
間に合うには何時に起きればいいのか
3月くらいから調整。
結果、マルは5時半起き
したがって私は5時起き…
週末も遠方のレースだったら5時起き
あれ?ゆっくり寝る日がない?
そんな日々が始まった

陸上クラブは
いろんな目的で参加してる子がおり、
野球部の子、サッカー部の子、
もちろん陸上部の子もいる。
中には、
朝走ったら頭の回転が良くなるとか
体力作り、速く走れるようになりたいとか
そういう子もいる。

マルの参加理由は、もちろん自転車のため。
体力をつけて、足の回転も更に速く…
本人がやりたいと言うのだから
やるしかないのだ
頑張れマル
頑張れ私…