blue sky memo

気になるモノを書きとめる

最近、夜空を見上げることも数少なくなった。
でも、流星群と聞くと心躍るのは何故だろう?

『2007年のペルセウス座流星群は、8月13日の午後2時ごろにピークを迎えると予測されています(日本流星研究会による)。ピーク付近で出現数が極端に変わることはないので、8月12日から14日の間、とりわけ13日の未明は観察のチャンスです。
うれしいことに、月は13日に新月(太陽と同じ方向にある、つまり夜に昇ってこない)となるので、月明かりが流星をかき消してしまう心配がありません。まさに絶好の条件と言えるでしょう。
流星群は、放射点が高く昇っているほど見える数も多くなります。ペルセウス座は秋の星座。8月中旬なら日没のころには北東の地平線に姿を見せていますが、夜半過ぎにならないとあまり高く昇ってきません。できるだけたくさんの流星を見たい方は、「日没から深夜にかけて」よりも「深夜から日の出にかけて」の時間帯が本番です。』

起きることが出来れば、見てみたい。。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://blueskymemo.blog24.fc2.com/tb.php/452-e941fd64

ペルセウス座流星群
ペルセウス座流星群ペルセウス座流星群(ペルセウスざりゅうせいぐん、学名 ''Perseids'')はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて

2007.08.13 11:45 | しおんの部屋

ペルセウス座流星群の観測に挑戦
ペルセウス座流星群が極大をむかえるということで流星観測にトライしました。にわか仕込みの天文知識でペルセウス座流星群は見られたのか?ミーハー天文ファンがつづるペルセウス座流星群の観測レポートをご覧下さい。

2007.08.15 15:04 | サイノメ